自動運転

1/2ページ

ゼンリンとMoT、ドライブレコーダーの映像を活用して地図を更新するプロジェクトの試験運用を開始

株式会社ゼンリンと株式会社Mobility Technologies(MoT)は、ドライブレコーダーのデータをもとに地図を更新する「道路情報の自動差分抽出プロジェクト」の試験運用を開始した。 同プロジェクトは、ドライブレコーダーから取得できる情報をもとに、地図と実際の道路情報の差分を、AI技術などを活用して自動的に抽出し、地図情報を更新するプロジェクトで、2020年4月の開始から要素技術の研究およ […]

マップボックス・ジャパンとOSMユーザーの交流イベント 「mapbox/OpenStreetMap meetup」第7回レポート

地図サービスの開発プラットフォームを提供するMapboxと、フリーでオープンな地理空間情報を市民の手によって作るプロジェクト「OpenStreetMap(OSM)」のユーザーコミュニティとの交流イベント「mapbox/OpenStreetMap meetup」の第7回が3月3日、オンラインにて開催された。 同イベントは、Mapboxの日本法人であるマップボックス・ジャパン合同会社が青山学院大学の古 […]

自動運転車両の位置情報をスマートバス停に表示、福岡県みやま市で実証実験

株式会社 YE DIGITALと西鉄エム・テック株式会社は、福岡県みやま市で実施中の「スマートバス停」および「みやま市自動運転サービス」を組み合わせた実証実験を拡大し、自動運転車両の現在位置情報をスマートバス停に表示させる取り組みを開始した。実施期間は2022年3月まで。 スマートバス停とは、バスの運行時刻表や運行系統図を表示するデジタルサイネージを搭載するバス停で、告知文や広告などを遠隔で更新し […]

ゼンリンデータコムやNTTドコモなど、XR・自動運転・5Gを組み合わせた「どこでもテーマパーク」の実証事業を北九州で実施

株式会社ゼンリンデータコム、久留米工業大学、株式会社コンピュータサイエンス研究所、株式会社三菱総合研究所、株式会社NTTドコモ九州支社、北九州市で構成されるコンフォートデジタルツーリズム協議会は、北九州市八幡東区東田エリアにおいて、先進技術を使って同エリアをひとつのテーマパークとして体験できる「どこでもテーマパーク」の実証事業を12月18日より開始する。実施期間は2021年12月18日~24日、2 […]

独自の経路生成アルゴリズムを搭載した汎用型AGV「Kaghelo(カゲロウ)」、東大発ベンチャーが提供開始

TRUST SMITH株式会社は、汎用型AGV「Kaghelo(カゲロウ)」を提供開始した。 同製品は、タイヤの回転角から自己位置を推定する「オドメトリ」と呼ばれる従来の手法を用いず、センサーから取得した周辺環境の情報から自己位置推定を行う独自の経路生成アルゴリズムを搭載したAGV(無人搬送車)。LiDARや接触センサー、超音波センサーなどを搭載し、倉庫や工場内の環境地図を自動生成しながら自律走行 […]

ウーブン・アルファと三菱ふそう、自動地図生成プラットフォームを用いた共同研究を開始

トヨタ自動車株式会社の子会社であるウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社のグループ会社であるウーブン・アルファ株式会社と三菱ふそうトラック・バス株式会社(MFTBC)は、ウーブン・アルファが開発する自動地図生成プラットフォーム(Automated Mapping Platform:AMP)を用いた共同研究を開始する。 両社は今回の共同研究により、高度な先進運転支援技術を用いた新たな安全機能 […]

ウーブン・アルファ、いすゞ、日野の3社が自動地図生成プラットフォームの活用に向けた検討を開始

トヨタ自動車株式会社の子会社であるウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社のグループ会社であるウーブン・アルファ株式会社と、いすゞ自動車株式会社および日野自動車株式会社の3社は、ウーブン・アルファが開発する自動地図生成プラットフォーム「Automated Mapping Platform(AMP)」の活用に向けた検討を進めると発表した。 AMPは、さまざまな企業から提供される車両や衛星画像な […]

ダイナミックマップ基盤、整備路線を一般道路へ拡張した次世代のHDマップを導入

ダイナミックマップ基盤株式会社は、高速道路と自動車専用道路から一般道路へ整備路線を拡張した次世代の高精度3次元地図データ(HDマップ)を導入すると発表した。 同社はこれまで、自動運転社会の実現に向けて高速道路と自動車専用道路のHDマップを提供してきた。近年、自動走行に対応した車種が市場導入されるとともに、先進運転支援システムの高度化が進行しつつあることを受けて、一般道路まで対応する次世代のHDマッ […]

ゼンリンデータコムと銀座農園が業務提携、地図・位置情報と農業ロボットを連携

株式会社ゼンリンデータコムと銀座農園株式会社は、事業領域の拡大・拡充および新たなソリューション開発を目的とする業務提携を行うと発表した。 銀座農園は、独自のマルチユース型農業ロボット「FARBOT(ファーボット)」をスマートアグリ事業の主軸として展開しており、今回の業務提携では、FARBOTにゼンリンデータコムが保有する地図データおよび位置情報技術を組み込むことにより、新たなソリューションを開発す […]

茨城県境町で公道での自律走行バスが実用化、SBドライブとマクニカが協力

茨城県の境町は、SBドライブ株式会社と株式会社マクニカの協力のもと、町内の移動手段として自律走行バス「NAVYA ARMA」(仏Navya社製)を4月に定時・定路線において運行開始すると発表した。自治体が国内で自律走行バスを公道で実用化するのは初めてだという。 境町は、SBドライブが保有するナンバー取得済みの「NAVYA ARMA」と、複数の自動運転車両の運行を遠隔地から同時に管理・監視できる自動 […]