API

1/2ページ

NAVITIME APIとClaris Connectが連携開始、ローコードでシステム構築が可能に

株式会社ナビタイムジャパンは11月10日、法人向け地図・ルート検索API「NAVITIME API」と、ローコード型アプリケーション統合プラットフォーム「Claris Connect」が連携開始したと発表した。 Claris Connect は、ローコードで各種クラウドサービスや業務アプリケーションとの API 連携を可能とするサービスで、今回の連携により、NAVITIME APIの地図やルート検 […]

衛星データプラットフォーム「Tellus」、超解像技術を活用した衛星デ―タ加工ツールを無料で提供開始

さくらインターネット株式会社は、衛星データプラットフォーム「Tellus」の公式ツールとして、超解像技術を活用した衛星データ加工ツール「Tellus-Clairvoyant」を無料で提供開始した。 同ツールは、シャープ株式会社の超解像技術を活用し、さくらインターネットが開発したもので、深層学習モデルによる超解像処理を行い、AVNIR-2とPALSAR-2の衛星データの解像度を2倍または4倍に疑似的 […]

ウェザーニューズ、1kmメッシュの乾燥レベルがわかる「乾燥指数API」を提供開始

株式会社ウェザーニューズは、高ビジネス課題を解決する「WxTech」サービスにおいて、1kmメッシュの「乾燥指数API」を提供開始した。 同APIは、乾燥対策アイテムを扱う企業向けに開発されたもので、1時間ごとの乾燥レベルを絶対湿度をもとに独自に指数化し、1kmメッシュの細かさで提供する。72時間先までの乾燥レベルを「しっとり」「やや乾燥」「乾燥」「カラカラ」「超カラカラ」の5段階で予測する。更新 […]

ナビタイム、配達の所要時間を短縮できる巡回経路検索を提供開始

株式会社ナビタイムジャパンは9月29日、法人向け運行管理サービス「ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション」および法人向け開発サービス「NAVITIME API」、「NAVITIME Engine」において、出発地から最終訪問先までの所要時間を短縮できるように複数経由地を並び替える新しい巡回経路検索機能を提供開始した。 巡回経路検索は、複数の訪問先までの経路や時間を最適化した順番に並び替えたルー […]

ウェザーニューズ、1kmメッシュの「熱中症情報API」を提供開始

株式会社ウェザーニューズは、「WxTech(ウェザーテック)サービス」より、1kmメッシュの「熱中症情報 API」を提供開始した。 同APIは、1kmメッシュの暑さ指数(WBGT)をもとに独自に算出した高解像度の熱中症危険度情報で、72時間先までの1時間ごとの熱中症リスクを「注意」「警戒」「厳重警戒」「運動中止」の4段階で提供する。 一般的な熱中症情報は、一年中全国一律の基準でWBGTの値からラン […]

ナビタイム、「NAVITIME API」の新バージョンを提供開始

株式会社ナビタイムジャパンは19日、 法人向け地図・ルート検索API「NAVITIME API」において、新バージョンの地図APIを提供開始した。 新バージョンの地図では、 従来の地図APIと比べて約10倍となる数千個のマーカーが表示可能となり、多くの地点マーカーや動的アイコンを表示するようなケースにも対応可能となった。 また、地図をタッチして回転させたり、3Dランドマークアイコンを表示したりする […]

「MIERUNE地図」がリニューアル、自治体名や駅名などの名称に英語を併記

株式会社MIERUNEは、地図配信サービス「MapTiler」で提供している地図タイル「MIERUNE地図」を刷新した。 今回のリニューアルでは、自治体名や駅名などの主要な名称について日本語と英語を併記するようにした。また、高速道路の色を従来のオレンジ系から、日本で一般的に採用されているグリーン系に変更した。 POIのアイコン表示についても、表示が開始されるズームレベルをカテゴリ単位で調整した。さ […]

ウェザーニューズ、1kmメッシュの「紫外線予報API」を提供開始

株式会社ウェザーニューズは、ビジネス課題を解決する「WxTech」サービスにおいて、1kmメッシュの「紫外線予報API」を提供開始した。 同APIは、紫外線対策アイテムを扱う企業向けに、独自の紫外線指数(UVインデックス)を開発し、APIとして提供するもので、1時間ごとの紫外線の強さを指標化したUVインデックスと紫外線強度の予測データを1kmメッシュの細かさで提供する。 予測技術には機械学習モデル […]

ESRIジャパン、地図システム・アプリの開発環境「ArcGIS Platform」を提供開始

ESRIジャパン株式会社は、地図を利用したシステムやアプリの開発環境を包括的に提供するPaaS「ArcGIS Platform」を提供開始した。 同サービスは、位置情報/地理情報に関するサービスや開発用API/ツール、コンテンツなどを提供するPaaS(Platform as a Service)。既存システムやアプリへの地図機能の追加や新たな地図システム・アプリの開発を効率的に行える。 すぐに利用 […]

Geoloniaと不動産テック協会、「不動産共通ID」ベータ版を提供開始

株式会社Geoloniaと一般社団法人不動産テック協会は15日、「不動産共通ID」ベータ版を提供開始した。 不動産共通IDは、不動産取引における企業間での情報連携やデータ連携などの実現を目的として提供するID。同一の物件を示す住所や物件名などの情報に共通のIDを付与することで、表記揺れに影響されることなく物件を特定可能となる。これにより、不動産情報のデータ連携にかかるコストの大幅削減を図る。 Ge […]