地図と位置情報のニュースを中心とした情報サイト

RainTech、デジタル防災・防犯教育プログラム「デジ防マップ」を提供開始

RainTech株式会社は4月15日、デジタル防災・防犯マップ作成の教育プログラム「デジ防マップ」を提供開始した。 デジ防マップは、身近な防災・防犯情報の調査結果を反映したオリジナル地図の作成を支援する教育プログラム。専門家による講義(座学)とインターネットによる調査や街歩きでの実践(実技)を組み合わせたハイブリッド型プログラムで、GIGAスクール構想で小中学生に配布されたタブレットを活用する。 […]

法務省、登記所備付地図データの2024年版を公開

法務省は4月15日、登記所備付地図データの2024年版を、地理空間情報のデータ流通支援プラットフォーム「G空間情報センター」にて公開した。 登記所備付地図データは、法務局でコンピュータシステムによる事務処理を行うための地図情報システムに入っている地図データで、地図XMLフォーマットで提供されている。 今回公開した2024年版は、2024年1~2月に整備した分で、都道府県別ダウンロードリンクよりダウ […]

マップマーケティング、地域プロファイリングデータ「タウン2020」を提供開始

マップマーケティング株式会社は4月10日、地域プロファイリングデータ「タウン2020」を発売した。同社が提供するエリアマーケティングGIS「TerraMapシリーズ」向けのデータとして提供するほか、地図コンテンツ配信WebAPI「TerraMap API」でも提供する。 タウン2020は、エリアマーケティング向けの生活者分類データで、町丁目・大字・市区町村ごとの年齢別人口や世帯構成、住宅種別、就業 […]

ゼンリンデータコム、店舗・拠点情報の管理サービスに人員配置業務を効率化する「人員配置マップ」を追加

株式会社ゼンリンデータコムは4月9日、店舗・拠点情報を一元管理できるサービス「Area Marker(エリアマーカー)」に、人員配置業務を効率化するマップサービス「人員配置マップ」機能を追加した。 人員配置マップは、地図上で店舗・施設や従業員などの人員情報を可視化し、指定した条件から最適な人員選定を行えるクラウドサービスで、人員配置業務の負担軽減や最適な判断を支援する。たとえば多店舗展開のチェーン […]

全国の犯罪情報を地図上で確認できる防犯マップアプリ「警戒LIVE24」がリリース

Borzoi AI 株式会社は4月1日、iOS向け防犯マップアプリ「警戒LIVE24」を提供開始した。 同アプリは、全国の事件や犯罪情報を地図上で確認できるアプリ。公共機関からの情報源によるテキストベースの犯罪関連情報を、AIを用いて事案の種別や分類、発生場所の緯度経度情報への変換、発生日時の解析などを行った上で地図上に表示する。 また、位置情報をもとに現在地周辺で発生した事件や犯罪をリアルタイム […]

国土交通省、不動産に関するオープンデータを閲覧できる「不動産情報ライブラリ」を公開

国土交通省は4月1日、不動産に関するオープンデータを閲覧できるウェブサイト「不動産情報ライブラリ」を公開した。 同サイトは、国や地方自治体などが公開する不動産に関するオープンデータなどの情報を集約し、地図上に重ねて可視化できるサイト。背景地図はゼンリン製の地図と国土地理院地図を切り替えることが可能で、不動産の価格情報や地形情報、防災情報、周辺施設情報、都市計画情報、人口情報など様々なデータを用意し […]

オープンデータの活用で地域課題を解決、「アーバンデータチャレンジ2023」ファイナルステージが開催

地域の課題解決や魅力創出を目的にオープンデータや活用ツール、アイデアなどの創出を目指すプロジェクト「アーバンデータチャレンジ2023 with土木学会インフラデータチャレンジ2023」(主催:社会基盤情報流通推進協議会、土木学会、東京大学生産技術研究所、東京大学デジタル空間社会連携研究機構、アーバンデータチャレンジ実行委員会)のファイナルステージが3月9日(土)、東京大学駒場リサーチキャンパスおよ […]

国交省のプラトー、3D都市モデルビューアの最新版「PLATEAU VIEW 3.0」を公開

国土交通省は3月29日、3D都市モデルの整備・活用を推進する「Project PLATEAU(プロジェクト プラトー)」において、3Dモデルを可視化できるビューアーの最新版「PLATEAU VIEW 3.0」を公開した。 PLATEAU VIEW 3.0は、PLATEAUのデータをプレビューできるブラウザベースのウェブアプリケーションで、3D都市モデルデータやGISデータを可視化して様々な角度から […]

国土地理院、全国の標高基準を表す「ジオイド2024日本とその周辺」の試行版を公開

国土地理院は3月27日、標高基準を表す「ジオイド2024日本とその周辺」の試行版を公開した。 「ジオイド2024日本とその周辺」(試行版)は、重力データをもとに構築したジオイド・モデルで、公開するデータファイルには、衛星測位の高さの基準である楕円体高からジオイド(標高の基準)までの高さを表す「ジオイド高」が記載されている。同データと衛星測位で得られる楕円体高と組み合わせることにより、迅速かつ高精度 […]

ナビタイム、高速道路6社と提携して「配達NAVITIME」で誤進入注意ポイント案内を提供開始

株式会社ナビタイムジャパンは3月26日、配達員の業務支援アプリ「配達NAVITIME」にて、原付バイクが誤って高速道路に進入しやすい地点で、画面表示と音声案内で注意喚起する機能「誤進入注意ポイント案内」を提供開始した。 同機能は、東日本高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社の高速道路会社6社と提携し […]

1 119