AI

ハロウィンの夜に渋谷の人出は昨年と比べて67%減少、クロスロケーションズが発表

クロスロケーションズ株式会社は、同社が開発する位置情報データ活用プラットフォーム「 Location AI Platform(LAP)」を使用して、ハロウィンにおける人流変化を位置情報ビッグデータからAIで解析した調査報告について発表した。 今回の人流モニタリングは、LAPの機能のひとつである「デイリー来訪速報」機能を使用して、世代別・性別に調査を実施したもので、渋谷スクランブル交差点などを含む渋 […]

六本木商店街でスマート街路灯のサイネージに混雑状況を表示する実証実験がスタート

六本木商店街振興組合と日本電気株式会社(NEC)、三井住友カード株式会社、株式会社ナビタイムジャパンの4者は、混雑状況や消費行動などの分析・可視化を行う実証実験として、8月から実施した人流情報や購買情報などのデータ収集・分析に基づいてスマート街路灯のサイネージに混雑状況の表示を開始した。 同実証では、六本木商店街に設置されたスマート街路灯に搭載したカメラとAIによる映像解析技術により、来街者の移動 […]

Yahoo!乗換案内、混雑傾向を4段階で表示する「混雑トレンド機能」を提供開始

ヤフー株式会社は、iOS/Android向け乗換検索アプリ「Yahoo!乗換案内」にて、路線の混雑傾向を4段階のアイコンで表示する「混雑トレンド機能」を提供開始した。 同機能は、スマートフォン向け「Yahoo!乗換案内」アプリやブラウザ版の「Yahoo!路線情報」の過去の路線検索データをもとに、路線や方面ごとの検索数の推移をAIを用いて算出し、路線の駅間の混雑傾向を表示する機能で、混雑傾向をルート […]

クロスロケーションズ、データ活用プラットフォーム「Location AI Platform」の新機能を提供開始

クロスロケーションズ株式会社は、エリアマーケティングの実施と効果測定を一気通貫で実行できるプラットフォーム製品「Location AI Platform(LAP)」の新機能を提供開始した。 今回新たに提供開始するのは、性別や年代別に曜日時間帯別のエリア解析を行う機能で、同社が蓄積している毎月約45億レコードの位置情報ビッグデータを用いて、消費者の行動傾向を性別・年代別、曜日時間帯別でAI解析し、分 […]

クロスロケーションズ、位置情報データ活用プラットフォーム「 Location AI Platform」のサービスプランを改訂

クロスロケーションズ株式会社は、位置情報データ活用クラウド型プラットフォーム「 Location AI Platform(LAP)」のサービス利用料金プランを改訂した。 同プラットフォームは、位置情報ビッグデータをもとにAIによる消費者行動の分析・視覚化を行った上で、エリアマーケティングの実施と効果測定を行える製品。今回の改訂により、新たに「AI 商圏」および「AI 集客」の2つのサービスプランを […]

アドインテとセカンドサイト、位置情報とAIを活用したDMPについて協業を開始

ビーコンを活用したマーケティングやDMP事業を行う株式会社アドインテと、AIの構築・コンサルティングやソリューションを提供するセカンドサイト株式会社は、位置情報と機械学習技術を組み込んだ「AI-DMP」を、共同で開発・提供することについて協業を開始した。 同DMPは、顧客の独自データに加えて、アドインテのロケーションデータやセカンドサイトの独自データ、オープンデータなどを収集・蓄積し、アドインテの […]