広告

1/2ページ

人流データと気象データを活用したプッシュ配信サービス「天気プッシュ」が提供開始

株式会社unerryと一般財団法人日本気象協会、株式会社ALiNKインターネットの3者は、人流データと気象データに基づくプッシュ配信サービス「天気プッシュ」を共同開発し、広告配信サービスとアプリ機能提供を5月25日に開始した。 「天気プッシュ」は、現在もしくは近い未来の天気予報を踏まえた上で、アプリユーザーの推定属性や行動傾向、アプリ情報などをもとにコンテンツを振り分けられるプッシュ配信サービス。 […]

ONE COMPATH、地図サービスへの投稿などを一元管理できる店舗情報プラットフォーム「LocalONE」を提供開始

株式会社ONE COMPATHは1月31日、株式会社movと共同開発した店舗情報プラットフォーム「LocalONE(ローカルワン)」を提供開始した。 LocalONEは、店舗情報や販促情報、口コミデータの収集・分析を一元管理できるプラットフォーム。さまざまなメディアに掲載されている営業時間や電話番号、店舗写真などの店舗情報、チラシやクーポンなどの販促情報、各種口コミサイトや地図サービス上に投稿され […]

クロスロケーションズ、特定地点への来訪を蓄積して潜在顧客へ広告配信するサービスを提供開始

クロスロケーションズ株式会社は、同社の位置情報ビッグデータ解析エンジン「Location Engine」の機能を応用して、個別企業や広告主の要望に応じて特定の場所(POI)に訪問したIDを蓄積するデータベース(ロケーションCRMデータベース)を構築し、これに蓄積したIDに向けてスマホ広告配信を行う「ロケーションCRM広告」サービスを提供開始した。 同機能は、Location Engineに搭載され […]

地図サービス事業者7社が地図広告で連携、「マップアドネットワーク」立ち上げ

マップボックス・ジャパン合同会社は、地図サービス事業者7社とともに広告配信で連携する「マップアドネットワーク」を24日に設立し、同ネットワークへ配信する「Mapbox広告プラットフォーム」を独自開発するとともに、地図ネイティブ広告を提供する「Mapbox広告」のベータサービスを提供開始した。1年以内に3,000万ユーザーへのリーチを目指している。 参加企業はヤフー株式会社、株式会社ゼンリン、ジョル […]

ナビタイム、マーケティングプラットフォーム「NAVITIME Market Place」で「駅ターゲティング広告」を提供開始

株式会社ナビタイムジャパンは、ローカルビジネス向けマーケティングプラットフォーム「NAVITIME Market Place」にて、「駅ターゲティング広告」を提供開始した。 NAVITIME Market Placeは、個人商店や小規模事業者を対象としたデジタル広告のプラットフォームで、ナビタイムジャパンが提供するサービス上に店舗や施設のキャッチコピーや説明文、決済方法、テイクアウト情報、感染症対 […]

クロスロケーションズ、位置情報ビッグデータをもとに屋外広告の視聴状況を分析するサービスを提供開始

クロスロケーションズ株式会社は、位置情報ビッグデータ活用プラットフォーム「Location AI Platform(LAP)」を活用して屋外広告の視聴状況を計測できる「Location AI Platform 屋外広告測定版」を提供開始した。 同サービスは、スマートフォンなどから収集した匿名位置情報ビッグデータをもとに屋外広告の視聴状況を計測できるサービス。前日までのデータを対象に、日別、時間別、 […]

LBMA Japan、米MRCの「位置情報広告計測ガイドライン」日本語翻訳版を無償公開

一般社団法人LBMA Japanは、米国においてメディアに関する調査と評価を行う非営利団体のMRC(Media Rating Council)が発行する「MRC Location-Based Advertising Measurement Guideline(MRCによる位置情報広告計測ガイドライン)」を、MRCに承認を得て翻訳し、無償で一般公開した。 LBMA Japanは日本国内における位置情 […]

クロスロケーションズ、コロナ前後の消費者行動変化を可視化できる新広告パッケージを提供開始

クロスロケーションズ株式会社は、位置情報ビッグデータ活用クラウド型プラットフォーム「 Location AI Platform(LAP)」の特別パッケージとして、コロナ禍による消費者の行動や購買動向、商圏などの変化を位置情報ビッグデータで把握し、効果の高い地域にSNS広告配信を実施して効果を測定する「アフターコロナ対策広告パッケージ」を提供開始すると発表した。 同パッケージは、LAPによる位置情報 […]

スマホの位置情報により屋外広告媒体の広告接触者を提供するウェブサービス「OOH-ATLAS」が登場

株式会社電通の100%子会社である株式会社OOHメディア・ソリューションと株式会社ケシオンは、GPSデータの活用により検出した屋外広告媒体の広告接触者数を参照できるウェブサービス「OOH-ATLAS」を発表した。 同サービスは、広告代理店や企業の宣伝担当向けの屋外広告に特化したGISで、これまで客観的な評価指標がなく広告効果測定の難しかった屋外広告が、マスメディアやインターネット広告と比較できるよ […]

ジオロジック、位置情報広告「GeoLogic Ad」の入稿・運用をブラウザから行える新システムを提供開始

株式会社ジオロジックは、位置情報広告「GeoLogic Ad(ジオロジック・アド)」の入稿・運用を広告主や広告代理店がブラウザから直接行える管理画面を提供開始した。 「GeoLogic Ad」は、店舗の近くにいる人や周囲に住む人のスマートフォンなどに広告を配信できる位置情報広告サービス。スマートフォンの位置情報データなどを解析する独自のDMP(Data Management Platform)を保 […]