オープンデータ

1/2ページ

OSMマッパーが集う恒例イベント「State of the Map Japan 2020」がオンラインで開催

自由な地理情報データを草の根の力で作る世界的プロジェクト「OpenStreetMap(OSM)」をテーマとしたカンファレンス「State of the Map Japan 2020(SOTMJ2020)」が11月7日にオンラインにて開催された。 各国のOSMコミュニティが開催している年次イベント“SOTM”の日本版であるSOTMJは、日本におけるOSMの活動を支える法人組織「オープンストリートマッ […]

MIERUNE、住所・施設検索サービス「MIERUNEサーチ」を試験公開

株式会社MIERUNEは、地図や位置情報サービスにおける利用を想定した住所・施設検索サービス「MIERUNEサーチ」を試験公開した。 同サービスは、ジオコーディング(住所検索)機能および施設(POI)検索機能で構成されるサービスで、OpenStreetMap(OSM)や国土地理院ベクトルタイル、国土数値情報などのオープンデータを活用している。また、既存のオープンソースソフトウェアをベースに、日本語 […]

六本木商店街でスマート街路灯のサイネージに混雑状況を表示する実証実験がスタート

六本木商店街振興組合と日本電気株式会社(NEC)、三井住友カード株式会社、株式会社ナビタイムジャパンの4者は、混雑状況や消費行動などの分析・可視化を行う実証実験として、8月から実施した人流情報や購買情報などのデータ収集・分析に基づいてスマート街路灯のサイネージに混雑状況の表示を開始した。 同実証では、六本木商店街に設置されたスマート街路灯に搭載したカメラとAIによる映像解析技術により、来街者の移動 […]

地域課題をオープンデータで解決、「アーバンデータチャレンジ2020」キックオフ・イベントがオンラインで開催

地域が抱えるさまざまな課題の解決を目的に、イベントやコンテストを通じてオープンデータやその活用ツール、アイデアなどの創出に取り組む「アーバンデータチャレンジ2020(UDC2020)」のキックオフシンポジウムが6月30日、YouTube Liveにてオンラインイベントとして開催された。 UDCは2013年度に始まった取り組みで、社会インフラのデータに関する情報の流通環境を整備することを目的とした組 […]

トレタ、「テイクアウト&デリバリーMAP」の飲食店情報をオープンデータ化

株式会社トレタは、同社が5月1日にβ版として公開した「テイクアウト&デリバリーMAP」を5月末までにオープンデータ化すると発表した。これに伴って、大阪府とテイクアウト&デリバリーMAPを活用した公民連携もスタートする。 「テイクアウト&デリバリーMAP」は、飲食店のテイクアウトやデリバリーの情報、電子マネーやクレジットカードの対応や店内利用の際の予約ページの情報、個室の有無など、さまざまな飲食店の […]

オープンデータ活用で地域課題解決に取り組む「アーバンデータチャレンジ2019」ファイナルステージ開催

地域の課題解決や魅力創出を目指して、オープンデータやその活用ツール、アイデアなどの創出に取り組むプロジェクト「アーバンデータチャレンジ2019 with土木学会インフラデータチャレンジ2019」(主催:社会基盤情報流通推進協議会(AIGID)と公益社団法人土木学会、東京大学生産技術研究所、東京大学空間情報科学研究センター)のファイナルステージが3月14日、東京・駒場の東京大学駒場第2キャンパスにて […]

データを活用して市民が“まちへの愛”を競い合う「シビックパワーバトル」全国大会が初開催

シビックパワーアライアンス実行委員会は、2020年9月26日・27日に愛知県で開催予定のイベント「Code for Japan Summit 2020」の期間中に、「シビックパワーバトル」の全国大会を初開催すると発表し、全国の自治体および地域団体からの参戦エントリーの受付を開始した。また、開催協力団体もあわせて募集している。 「シビックパワーバトル」は、オープンデータなどを活用してまちの魅力を発掘 […]

オープンソースの地理空間情報ソフトウェアをテーマとしたイベント「FOSS4G」が新潟で開催

オープンソースの地理空間情報ソフトウェア群を意味する「FOSS4G(Free Open Source Software for GeoSpatial)」をテーマとしたカンファレンス「FOSS4G 2019 NIIGATA」が9月13日と14日の2日間、新潟市のNICOプラザ会議室にて開催された。同カンファレンスは、オープンソース地理空間ソフトウェアの支援と構築を目的としたOSGeo財団(The O […]

全国のシビックテックプレーヤーが集結、「CIVIC TECH FORUM 2019」レポート

テクノロジーを使った市民による地域課題解決の取り組みを意味する「シビックテック」をテーマとしたイベント「CIVIC TECH FORUM(CTF) 2019」が6月29日に都内で開催された。 同イベントは、今年で5回目となるカンファレンスで、シビックテックに関わる人たちが全国各地から数多く訪れた。昨年の「CTF 2018」では、全国的に有名な取り組みを行う講演者を招いて話を聞くという従来のスタイル […]

公共データの活用で地域課題を解決、「アーバンデータチャレンジ2019」キックオフ・イベント開催

地域が抱えるさまざまな課題の解決を目的に、イベントやコンテストを通じてオープンデータやその活用ツール、アイデアなどの創出に取り組む「アーバンデータチャレンジ2019(UDC2019)」のキックオフイベントが7月1日、東京大学駒場第2キャンパスにて開催された。 2013年度に始まったUDCは、社会インフラのデータに関する情報の流通環境を整備することを目的とした組織「社会基盤情報流通推進協議会(AIG […]