測量

Pix4D、10周年を記念して新しいロゴを発表

フォトグラメトリーソフトウェアなどを提供するPix4D株式会社は、創立10周年を記念し、新しいロゴを発表した。 同社は2011年6月2日にEPFL(スイス連邦工科大学ローザンヌ校)にて誕生し、現在は14の製品をグローバルに展開している。新しいロゴは、14製品へと拡大したPix4Dの製品の多様性と成長を示しており、Pix4Dのデザイナーチームが社内で考案し作成した。 同社は10周年を記念してキャンペ […]

オプティム、iPhone ProやiPad Proを使って3次元測量ができるアプリを提供開始

株式会社オプティムは、LiDARセンサーを搭載したiPad ProやiPhone 12 Pro/Pro MAXを使って高精度な3次元データが取得できるアプリ「OPTiM Geo Scan」を提供開始すると発表した。 同アプリは、iPad ProやiPhone 12 Pro/Pro MAXで土構造物等の測量対象をスキャンすることで、土木現場で求められる高精度な3次元データを生成できるアプリ。ドローン […]

福井コンピュータ、防災計画支援機能を標準搭載した測量CADシステム「TREND-ONE」の最新版をリリース

福井コンピュータ株式会社は、防災計画支援機能を標準搭載した測量CADシステムの最新版「TREND-ONE Ver.5」を6月22日に提供開始する。 同システムは、国土地理院が公開する「地理院タイル」(ベクトルタイル)を活用して、浸水や地震、土砂災害といったハザードマップをCAD上で作成できる測量CADシステム。実際の地形や衛星写真と組み合わせて3次元による検討することが可能となり、多角的な視点から […]

オプティム、iPad Proで高精度3次元測量ができるアプリ「OPTiM Land Scan」β版を提供開始

株式会社オプティムは、LiDARセンサー付きタブレットを使って土構造物などの測量対象物をスキャンすることにより、高精度な3次元データが取得できるアプリ「OPTiM Land Scan」のβ版を無償で提供開始した。 同アプリは、タブレットで土構造物等の測量対象をスキャンすることで、土木現場で求められる高精度な3次元データを生成できるアプリ。ドローンやレーザースキャナーなどの利用が難しい小規模現場での […]

国土地理院、衛星測位で正確な標高を算出可能にする「航空重力測量」の出発式を開催

国土地理院は、日本全国の均一な重力データを測定するための「航空重力測量」を今後4年間にわたって実施すると発表し、7月22日に調布飛行場にて航空機の出発式を開催した。 航空重力測量は、日本全国の重力データを用いて標高の基準を構築することを目的に行われる。スマートフォンやドローンに搭載されている衛星測位機能を使って測定される「高さ」は、地球を楕円体で近似した表面からの高さ(楕円体高)で、一般的な「標高 […]

近代測量150年の歩みを伝える企画展「地図と私たち」が開催

国土地理院「地図と測量の科学館」(茨城県つくば市)にて7月17日(水)~10月6日(日)、近代測量150年の歩みを伝える企画展の第2弾として、「地図と私たち-めざせ!地図博士-」が開催される。 この企画展では、地図をつくる体験や地図の見方、災害への対処方法などを、体験やパネル展示を通じて学ぶことができる。 主な展示内容は、白図から地図をつくる体験コーナーや、複雑な地形をわかりやすく表示するパネル展 […]