地理院地図

1/4ページ

国土地理院、東日本大震災関連の7基を含む46基の自然災害伝承碑を追加公開

国土地理院は29日、ウェブ地図サービス「地理院地図」で公開している自然災害伝承碑について、新たに19市区町村46基を追加公開した。 自然災害伝承碑とは、過去に発生した津波や洪水、火山災害、土砂災害など自然災害の様相や被害状況などが記載された石碑やモニュメントで、当時の被災状況を伝えるとともに、被災場所に建てられていることが多く、これらを地図上で伝えることで地域住民の防災意識向上に役立つものと期待さ […]

地理院地図が「地形分類」詳細版の整備範囲を拡大、広域版と地域版も新たに公開

国土地理院は、ウェブ地図サービス「地理院地図」で地図上をクリックすると主要な地形がわかるベクトルタイル「地形分類」の整備範囲を一部拡大するとともに、より広域的な地形分類を提供する「広域版」および「地域版」を新たに公開した。 「地形分類」は、地理院地図上で表示できるベクトルタイルで、色分けで分類されている地形をクリックすると、その地形の成り立ちと災害リスクがポップアップで表示される。公的機関による防 […]

国土地理院、福島県沖地震に関する空中写真や震源断層モデルなどを公開

国土地理院は17日、16日に発生した福島県沖を震源とする地震に関する各種情報を公開した。 公開したのは、3月17日撮影の空中写真(斜め写真)、GEONET(GNSS連続観測システム)による地殻変動に関する情報、電子基準点などのGNSS観測点で観測された地殻変動をもとにした震源断層モデル(矩形断層一様すべり)、地球観測衛星「だいち2号(ALOS-2)」観測データのSAR干渉解析による地殻変動の状況な […]

国土地理院、方位磁石の北と本当の北とのズレの角度を収録した「磁気図2020.0年値」を公開

国土地理院は2月2日、日本の地磁気の地理的分布を表した「磁気図2020.0年値」を発表した。 この磁気図は、方位磁石の北と本当の北とのズレの角度の情報が含まれており、登山などの際に方位磁石から本当の北を得るために必要となる。 方位磁石の北と地図の北(本当の北)にはズレがあり、そのズレの角度は偏角(へんかく)と呼ばれる。地球内部で発生している磁気は地球規模で複雑に分布しており、磁気が刻々と変化してい […]

国土地理院、今市地震の石碑を含む24基の自然災害伝承碑を公開

国土地理院は1月14日、ウェブ地図サービス「地理院地図」で公開している自然災害伝承碑について、新たに10市区町村24基を追加公開した。 自然災害伝承碑とは、過去に発生した津波や洪水、火山災害、土砂災害など自然災害の様相や被害状況などが記載された石碑やモニュメントで、当時の被災状況を伝えるとともに、被災場所に建てられていることが多く、これらを地図上で伝えることで地域住民の防災意識向上に役立つものと期 […]

国土地理院、「電子地形図50000」新規刊行に向けて試作図を公開

国土地理院は12月23日、縮尺50000分の1レベルの「電子地形図50000」の新規刊行に向けて試作図を公開した。 電子地形図50000は、画像タイプや解像度、地物の表示設定などを選択できるオンデマンド形式の地図画像データ。基本図となる2万5千分1地形図よりも広い範囲を1枚で示すことが可能で、国土や地域を総合的・俯瞰的に捉えることを目的としている。電子国土基本図(地図情報)などを用いて、原則として […]

国土地理院、東日本大震災関係の石碑を含む78基の自然災害伝承碑を公開

国土地理院は12月21日、ウェブ地図サービス「地理院地図」で公開している自然災害伝承碑について、新たに26市区町村78基を追加公開した。 自然災害伝承碑とは、過去に発生した津波や洪水、火山災害、土砂災害など自然災害の様相や被害状況などが記載された石碑やモニュメントで、当時の被災状況を伝えるとともに、被災場所に建てられていることが多く、これらを地図上で伝えることで地域住民の防災意識向上に役立つものと […]

国土地理院、天明3年浅間山噴火災害の5基を含む6基の自然災害伝承碑を公開

国土地理院は12月7日、ウェブ地図サービス「地理院地図」で公開している自然災害伝承碑について、新たに1市区町村6基を追加公開した。 自然災害伝承碑とは、過去に発生した津波や洪水、火山災害、土砂災害など自然災害の様相や被害状況などが記載された石碑やモニュメントで、当時の被災状況を伝えるとともに、被災場所に建てられていることが多く、これらを地図上で伝えることで地域住民の防災意識向上に役立つものと期待さ […]

国土地理院、長野県小谷村の土砂災害関係の3基を含む11基の自然災害伝承碑を公開

国土地理院は11月12日、ウェブ地図サービス「地理院地図」で公開している自然災害伝承碑について、新たに8市区町村11基を追加公開した。 自然災害伝承碑とは、過去に発生した津波や洪水、火山災害、土砂災害など自然災害の様相や被害状況などが記載された石碑やモニュメントで、当時の被災状況を伝えるとともに、被災場所に建てられていることが多く、これらを地図上で伝えることで地域住民の防災意識向上に役立つものと期 […]

国土地理院、北海道胆振東部地震関係の1基を含む48基の自然災害伝承碑を公開

国土地理院は10月15日、ウェブ地図サービス「地理院地図」で公開している自然災害伝承碑について、新たに15市区町村48基を追加公開した。 自然災害伝承碑とは、過去に発生した津波や洪水、火山災害、土砂災害など自然災害の様相や被害状況などが記載された石碑やモニュメントで、当時の被災状況を伝えるとともに、被災場所に建てられていることが多く、これらを地図上で伝えることで地域住民の防災意識向上に役立つものと […]

1 4