マーケティング

1/3ページ

DATAFLUCT、街のにぎわいを可視化するエリアマネジメントプラットフォーム「clarea」を提供開始

株式会社DATAFLUCTは、人流データなどを活用して街の「にぎわい」などを可視化・分析できるプラットフォーム「clarea(クラリア)」を提供開始した。利用料金は対象エリアやデータ項目によって変動する。 同サービスは、エリアに関連する人流などのデータをもとに、「にぎわい」などのエリアマネジメント業務におけるKPIの可視化やモニタリングを行えるサービスで、ダッシュボード上の簡単な操作でエリアマネジ […]

ゼンリン、時空間データベースを活用したAPI「ZENRIN Maps API」 に新機能を追加

株式会社ゼンリンは、2020年12月15日に提供開始した「ZENRIN Maps API」にて、マーケティングやシミュレーションなどの業務で活用できる新機能を提供開始した。 ZENRIN Maps APIは、ゼンリンが全国の調査時に収集したさまざまな情報を一元管理して、最新の情報を顧客にとって最適な形で提供できる「時空間データベース」を活用したAPIで、道路地図から住宅地図までの地図情報と、それに […]

ウェザーニューズ、データ分析に特化したクラウド型の気象データウェアハウスを提供開始

株式会社ウェザーニューズは22日、「WxTech(ウェザーテック)」の新サービスとして、分析に特化した 過去天気データのクラウド型気象データウェアハウスサービスを提供開始した。 同サービスは、1kmメッシュの高解像度な全11要素(天気、気温、降水量、湿度、風速、風向、気圧、日射量、日照時間、体感温度、体感指数)の過去天気データを、最大で全国約38万地点分共有するクラウドサービス。企業のクラウド環境 […]

LBMA Japan、米MRCの「位置情報広告計測ガイドライン」日本語翻訳版を無償公開

一般社団法人LBMA Japanは、米国においてメディアに関する調査と評価を行う非営利団体のMRC(Media Rating Council)が発行する「MRC Location-Based Advertising Measurement Guideline(MRCによる位置情報広告計測ガイドライン)」を、MRCに承認を得て翻訳し、無償で一般公開した。 LBMA Japanは日本国内における位置情 […]

LBMA Japan、位置情報マーケティングサービスのカオスマップを発表

一般社団法人LBMA Japanは、国内において位置情報マーケティングサービスを展開する企業を中心としたカオスマップを公開した。 同団体は、世界26都市に支部を持ち、1600の企業会員を持つ事業者団体であるLBMA(ロケーションベースドマーケティングアソシエーション)の日本支部で、日本国内において、ロケーション関連のマーケティング・サービスを推進する非営利事業者団体として活動している。 同カオスマ […]

ゼンリン、中小個店の販促活動を支援する「らくらく販促マップ」を提供開始

株式会社ゼンリンは、中小企業や個人事業主(中小個店)の販売促進活動を支援する「らくらく販促マップ」を2021年1月4日に提供開始すると発表した。発売に先立ち、2020年10月5日から12月31日まで無料で利用できる。 「らくらく販促マップ」は、チラシ配布エリアの選定からチラシ作成、配布までの販促活動を支援する商品で、価格は1IDあたり月額1,000円(税別)。ブラウザ上で動作し、対応OSはWind […]

クロスロケーションズ、位置情報データ関連企業のカオスマップを公開

クロスロケーションズ株式会社は、位置情報データの活用技術を主軸としてビジネスを行う業種分類と属する企業をまとめた「ロケーションテック カオスマップ」を公開した。同社サイトから無料でダウンロードできる。 「ロケーションテック カオスマップ」は、日本国内外で位置情報データを扱う企業についてまとめたもので、「位置情報分析」、「O2O/GMO」、「位置情報広告」、「GISソフト開発」、「位置情報データプロ […]

クロスロケーションズ、店舗周辺や都市の人流変化を確認できるグラフを一般公開

クロスロケーションズ株式会社は、同社の位置情報ビッグデータ活用プラットフォーム「Location AI Platform(LAP)」の新機能として、日本全国の主要業種・業態別の店舗周辺と、主要都市の人流変化をウェブサイト上で確認できる「全国業種・業態&主要都市人流グラフ」を全面リニューアルし、同社ウェブサイトにて一般公開した。 同機能は、任意の地点・エリアの人流変化をモニタリングして視覚化する「V […]

クロスロケーションズ、位置情報の解析結果をもとにしたSNS広告の配信サービスを提供開始

クロスロケーションズ株式会社は、位置情報ビッグデータ活用クラウド型プラットフォーム「 Location AI Platform(LAP)」の新サービスとして、位置情報ビッグデータの解析結果をもとにSNS広告を配信できる「XLロケーションベース広告」を提供開始した。 同サービスは、これまでLAPの利用企業に提供してきたスマートフォンアプリへのオンライン広告配信に加えて、新たにLINEやFaceboo […]

LBMA Japan、位置情報データの利活用に関する共通ガイドラインを作成

位置情報を活用したマーケティングやサービス施策の促進を目的とした企業連合である一般社団法人LBMA Japanは、位置情報の活用に関するガイドラインを作成したと発表した。 同組織は今回、スマートフォン用アプリやウェブサービスなどで許諾を得たユーザーの端末から取得した位置情報データに「デバイスロケーションデータ」と名称を設けた。今回策定したガイドラインは、LBMA Japanに加盟する企業および加盟 […]

1 3