マーケティング

1/5ページ

ボールドライト、フロアマップ作成や混雑状況の可視化などを提供する商業施設向けプラットフォーム「メタマップ」を発表

ボールドライト株式会社は、ショッピングセンターなどの商業施設向けDXソリューション「メタマップ」を提供開始し、ふかや花園プレミアム・アウトレットにデジタルフロアマップとして導入されたことを発表した。 メタマップは、紙製フロアマップ(フロアガイド)をデジタル化した上で、情報アクセス効率の改善や混雑状況の可視化、施設内の経路検索などをワンストップで提供するデジタルフロアマップ・ソリューション。来店客の […]

クロスロケーションズ、人流データ分析クラウドサービス「人流アナリティクス」をリニューアル

クロスロケーションズ株式会社は12月5日、人流データ分析サービス「人流アナリティクス」をリニューアルした。 人流アナリティクスは、オンライン登録で人流データ分析が可能なクラウドサービスで、3,000億レコード以上の位置情報データを統計処理して算出された人流データを可視化して分析できる。 今回のリニューアルでは、ウィジェット(分析メニュー)に「来訪者出発圏比率」を追加し、分析地点と期間などの条件を設 […]

ジオテクノロジーズ、ポイ活アプリ「トリマ」ユーザー向けに広告運用できる新ソリューションを提供開始

ジオテクノロジーズ株式会社は11月30日、移動することで報酬を獲得できるポイ活アプリ「トリマ」のユーザーに向けて広告運用を行えるソリューション「トリマ広告」を提供開始した。 同ソリューションは、トリマのユーザーに向けてダイレクトに広告運用を行えるマーケティングソリューション。トリマで収集された性別や職業、行動日時、家族構成、個人・世帯年収、通勤/通学の移動手段まで分類することが可能で、同社が提供す […]

クロスロケーションズ、訪日外国人の国内移動人流データを提供開始

クロスロケーションズ株式会社は11月22日、同社と戦略的パートナーシップを結んでいる米Near Intelligenceよりグローバルの位置情報データの提供を受けて、訪日外国人の国内動向の分析レポートとデータを提供開始した。 同サービスでは、Near Intelligenceのグローバルデータプラットフォーム「Vista」を使用して、グローバル規模の位置情報ビッグデータを解析し、訪日外国人を推定居 […]

シスコとunerry、店舗のデジタル化と人流データ利活用で連携

シスコシステムズ合同会社と株式会社unerryは11月21日、店舗や公共施設のデジタル化とデータ利活用推進に向けてプロダクトの連携を行うと発表した。 今回の連携により、シスコシステムズが提供する「クラウド管理型ネットワークソリューション「Cisco Meraki MR」のビーコン機能(Merakiビーコン)と、unerryが運営するリアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank」が連携し […]

クロスロケーションズ、位置情報分析プラットフォーム「Location AI Platform」に新しいデータとウィジェットを追加

クロスロケーションズ株式会社は11月15日、位置情報データの分析プラットフォーム「Location AI Platform(LAP)」において新データと新ウィジェットを追加するとともに、各分析結果データの日時転送機能も追加した。 LAPは位置情報ビッグデータをAIで解析し、さまざまな分析や集客を行えるクラウド型データプラットフォーム。このたび商圏分析や集客施策などに役立つ3つのウィジェット「来訪者 […]

三井住友カード、消費分析地図サービス「Custella Maps(カステラ マップス)」を提供開始

三井住友カード株式会社は10月24日、消費分析地図サービス「Custella Maps(カステラ マップス)」を提供開始した。 同サービスは、キャッシュレスデータの特徴である正確な属性や購買データを活用し、地図上に属性情報と商圏の購買力・購買頻度を可視化するウェブサービスで、企業は商圏の動向を直感的に捉えられる。ウェブサービスとして提供するため、データの更新頻度が高く、必要なときにいつでも最新の情 […]

位置情報マーケティングサービスの「カオスマップ2022年版」が発表

一般社団法人LBMA Japanは10月18日、国内において位置情報を活用したマーケティングサービスを展開する企業を中心とした「カオスマップ2022年版」を発表した。 LBMA Japanは、位置情報マーケティングサービスの推進を目的とした非営利社団法人で、位置情報データの利活用に関する共通ガイドラインを策定するとともに、イベント開催やカオスマップの作成などにも取り組んでいる。 今回発表した「カオ […]

LBMA Japan、位置情報データの利活用に関する「LP(ロケーションプライバシー)認定制度」を開始

一般社団法人LBMA Japanは10月17日、位置情報データ(デバイスロケーションデータ)の利活用について、組織や個人に対する「LP(ロケーションプライバシー)認定制度」を制定し、10月18日より一般申し込みを開始すると発表した。LMBA Japanの加盟企業である株式会社プライバシーテックが企画開発支援および運営を行う。 LP認定制度は、日本国内における位置情報マーケティング・サービスを推進す […]

ナビタイム、観光促進の支援ソリューション「NAVITIME Travel Platform」を提供開始

株式会社ナビタイムジャパンは8月16日、旅行時の移動や観光地の認知拡大、広域周遊促進などを支援する自治体・企業向けソリューション「NAVITIME Travel Platform」を提供開始した。 NAVITIME Travel Platformは観光コンテンツや移動情報の提供から分析までをワンストップで提供するソリューションで、個人向け旅行プランニングサービス「NAVITIME Travel」の […]

1 5