防災

1/3ページ

JAXAとNTTデータ、人工衛星搭載レーザ高度計を活用して3次元地図を高精度化する共同研究を開始

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と株式会社NTTデータは、地盤面や森林の高さ構造を高精度に測定可能な「人工衛星搭載レーザ高度計」を活用した3次元地図の高精度化に関する共同研究を2021年1月から2022年3月にかけて実施中であると発表した。 共同研究では、JAXAのレーザ高度計に関する技術と、NTTデータの3次元地図に関する技術を組み合わせることにより、樹木や植生に覆われた森林域における3次元地図 […]

国土地理院、東日本大震災関係の2基を含む37基の自然災害伝承碑を追加公開

国土地理院は29日、ウェブ地図サービス「地理院地図」において、新たに16市区町村37基の自然災害伝承碑の情報を追加公開した。 自然災害伝承碑は過去に起きた洪水や津波、地震などによって起きた災害を伝える石碑で、地理院地図では全国の自治体と連携しながら整備を進めている。地理院地図で公開している自然災害伝承碑の情報は、碑名や災害名、災害の種類、碑が建立された年、碑の所在値、伝承内容、写真などを収録してい […]

SpecteeとESRIジャパン、SNSの投稿などを地図上で可視化するサービスを提供開始

株式会社SpecteeとESRIジャパン株式会社は、クラウドGIS「ArcGIS Online」上に、Specteeが取り扱う防災・危機管理情報を配信するサービス「Spectee on GIS」を提供開始した。 同サービスは、AIを活用した情報解析をもとに災害やリスク情報を可視化するクラウドSaaS型の防災・危機管理ソリューション。SNSに投稿された情報や気象データ、停電、交通などのさまざまな公共 […]

国土地理院、東日本大震災関係の26基を含む120基の自然災害伝承碑を地理院地図で追加公開

国土地理院は、ウェブ地図サービス「地理院地図」において、新たに27市区町村120基の自然災害伝承碑の情報を追加公開した。 自然災害伝承碑は、過去に起きた洪水や津波、地震などによって起きた災害を伝える石碑で、地理院地図では2019年6月に掲載を開始し、全国の自治体と連携しながら整備を進めている。地理院地図で公開している自然災害伝承碑の情報は、碑名や災害名、災害の種類、碑が建立された年、碑の所在値、伝 […]

亀岡電子、LINE通知とともに地図上で浸水地点を可視化する浸水検知センサーを発売

亀岡電子株式会社は、任意の場所に設置したセンサーが浸水を検知すると、LINEで通知するとともに、地図上で浸水地点を可視化する安価なセルラー通信式浸水検知センサー「KAMEKER3」を発売した。 同製品は、内水氾濫時に早期に浸水する道路脇や住宅近くの水路脇に設置することにより、住民の避難に直結する身近な浸水情報を提供できる浸水検知センサー。浸水を検知したいポイントにセンサーを固定するだけで設置可能で […]

福岡工業大学とCTIグランドプラニング、避難ルートを学べるアプリ「防災GO」を開発

福岡工業大学社会環境学科の上杉研究室と森山研究室および株式会社CTIグランドプラニングは、防災情報を学べるスマートフォンアプリ「防災GO」を開発したと発表した。 同アプリは、位置情報データと地域の防災情報を組み合わせたアプリ。地図を見ながら身の回りの危険箇所や避難所などを実際に見て回り、防災に関するクイズを解くことで、平常時から身近な災害リスクや避難経路などについて関心を持ってもらうことを目的とし […]

ヤフー、「Yahoo!防災速報」の災害マップで防災士による危険箇所の投稿受付を開始

ヤフー株式会社は29日、iOS/Android用アプリ「Yahoo!防災速報」の「災害マップ」機能において、防災士による危険箇所の投稿受付を開始した。 同アプリでは、ユーザー同士の現在地の災害状況を共有できる機能「災害マップ」を2020年3月に提供開始し、同年9月からは被災地で救助活動を行うNPOや被災状況を取材する報道機関からの投稿受付を開始した。 今回、この災害マップにおいて、全国で活動する防 […]

「地図マピオン」に“恵方”がわかる機能が追加、防災マップや地形図への切り替えも可能に

株式会社ONE COMPATHは、iOS用の地図アプリ「地図マピオン」において、2月の節分の日(2021年は2月2日)に合わせて地図上から“恵方”がわかる機能を1月27日に追加した。 同機能は、恵方(2021年は南南東やや南の「丙」)がわかる機能で、地図上の切り替えアイコンをタップして[恵方(方位)]を選択すると地図上にコンパスが現れる。今年の恵方はオレンジ色になっており、矢印が合うようにスマート […]

ESRIジャパン、リアルタイム防災気象情報を活用したGISサービス「NADIAct」を提供開始

ESRIジャパン株式会社は、ロケーションインテリジェンスプラットフォーム「ArcGIS」上で防災気象情報をリアルタイムで表示し、企業の拠点情報と重ね合わせることで適切な防災・減災行動を促す企業向けクラウドGISサービス「NADIAct」を提供開始した。 同サービスは、自然災害による企業の損失を最大限低減することを目的に、ArcGISプラットフォーム上においてゲヒルン株式会社が提供するリアルタイム防 […]

スカパーJSAT×ゼンリン×日本工営、衛星・地図データ活用で災害リスクを予測する「衛星防災情報サービス」の開発で業務提携

スカパーJSAT株式会社と株式会社ゼンリン、日本工営株式会社の3社は、各社が保有する衛星データや地図データ、氾濫予測情報などを組み合わせて、水害や土砂災害、地震、火山などによる災害リスクの予測や減災、被災後の早期復旧にも活用できる「衛星防災情報サービス」の開発・提供に向けて業務提携すると発表した。サービス開始は2021年を目標としている。 同サービスは、平時には衛星データを活用して土砂斜面や河川堤 […]

1 3