防災

1/2ページ

ESRIジャパン、リアルタイム防災気象情報を活用したGISサービス「NADIAct」を提供開始

ESRIジャパン株式会社は、ロケーションインテリジェンスプラットフォーム「ArcGIS」上で防災気象情報をリアルタイムで表示し、企業の拠点情報と重ね合わせることで適切な防災・減災行動を促す企業向けクラウドGISサービス「NADIAct」を提供開始した。 同サービスは、自然災害による企業の損失を最大限低減することを目的に、ArcGISプラットフォーム上においてゲヒルン株式会社が提供するリアルタイム防 […]

スカパーJSAT×ゼンリン×日本工営、衛星・地図データ活用で災害リスクを予測する「衛星防災情報サービス」の開発で業務提携

スカパーJSAT株式会社と株式会社ゼンリン、日本工営株式会社の3社は、各社が保有する衛星データや地図データ、氾濫予測情報などを組み合わせて、水害や土砂災害、地震、火山などによる災害リスクの予測や減災、被災後の早期復旧にも活用できる「衛星防災情報サービス」の開発・提供に向けて業務提携すると発表した。サービス開始は2021年を目標としている。 同サービスは、平時には衛星データを活用して土砂斜面や河川堤 […]

スペースシフトとJX通信社、衛星データとSNS解析技術を融合させた「総合インテリジェンスシステム」を開発

株式会社スペースシフトと株式会社JX通信社は、衛星データとSNS情報の解析技術を融合させた「総合インテリジェンスシステム」を共同開発すると発表した。 同システムは、衛星データ解析システムの開発を手がけるスペースシフトが保有する衛星データのAIによる自動解析技術と、報道ベンチャーのJX通信社が開発する、SNSの投稿内容からAIを用いて自動解析する技術を組み合わせたシステム。広範囲にデータ取得が可能な […]

東京ガス、ガスの復旧進捗状況を知らせる「復旧マイマップ」の多言語化を実施

東京ガス株式会社は、ガスの供給停止状況や復旧進捗状況を地図上で知らせる「復旧マイマップ」の多言語化を実施した。 同マップは、ガスの供給停止を伴う大規模な地震が発生した際に、ガスの供給停止状況や復旧進捗状況を地図上に色分けして知らせるマップ。大規模な地震が発生した際には、地図上に復旧進捗状況を「供給停止」「閉栓作業中」「ガス管検査中」「ガス管修繕中」「開栓作業中」「復旧完了」の6区分に色分けして表示 […]

エムティーアイ、ゲリラ豪雨検知アプリ「3D雨雲ウォッチ」上で隅田川花火大会をオンラインで開催

株式会社エムティーアイは、隅田川花火大会実行委員会と協力し、ゲリラ豪雨検知アプリ「3D雨雲ウォッチ」にて、アプリ内で全国どこからでも打ち上げ体験できる隅田川花火大会をオンラインで実施している。期間は7月25日(土)まで。 これまで「3D雨雲ウォッチ」では、2017年より隅田川花火大会の公認アプリとして、ゲリラ豪雨発生の可能性や、気象条件による大会の実施可否判断のサポートを行ってきた。今年に開催予定 […]

自分でデザインできるウェブ地図「地理院地図Vector」の提供範囲が拡大、全国の地図が利用可能に

国土地理院は、ウェブ地図「地理院地図Vector(仮称)」において、地図の提供範囲を全国に拡大した。 「地理院地図Vector(仮称)」は、国土地理院が2019年より試験的に提供開始しているウェブ地図サービス。従来の「地理院地図」が画像データ(ラスターデータ)を使用しているのに対して、「地理院地図Vector(仮称)」はベクトルデータを使用しているため、利用者が目的に応じて自由にデザインをカスタマ […]

「国連ベクトルタイルツールキット」で各国の地図配信を支援、国土地理院 藤村英範氏によるトークセッション開催(「mapbox/OpenStreetMap meetup」第4回レポート)

ウェブ地図サービスのMapboxと、フリーでオープンな地理空間情報を市民の手によって作る世界的プロジェクト「OpenStreetMap(OSM)」のユーザーコミュニティとの交流イベント「mapbox/OpenStreetMap meetup」の第4回が5日、「WeWork 日比谷パークフロント」にて開催された。 同イベントは、Mapboxの日本法人(mapbox.jp)が青山学院大学の古橋研究室お […]

国土地理院、「地理院地図」にて新たに24基の自然災害伝承碑を公開

国土地理院は、ウェブ地図サービス「地理院地図」にて、阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)関連を含めて新たに24基の「自然災害伝承碑」を公開した。 自然災害伝承碑は、過去の災害関する情報や教訓などを後世に伝える石碑やモニュメントで、教訓を踏まえた的確な防災行動による被害の軽減を目指して地図に掲載している。 今回、阪神・淡路大震災関連の自然災害伝承碑として、すでに公開していた兵庫県神戸市の3基に加え、新 […]

ゲヒルン、「特務機関NERV防災アプリ」のAndroid版を提供開始

ゲヒルン株式会社は、「特務機関NERV防災アプリ」のAndroid版を提供開始した。Google Playから無料でダウンロードできる。 同アプリは、地震・津波・噴火・特別警報の速報や、土砂災害・浸水害・洪水害の危険度通知などの防災気象情報を、利用者の現在地や登録地点に基づいて最適化して配信するスマートフォン向けサービスで、2019年9月1日にiOS版が先行リリースされた。被害が予想される地域に居 […]

応用地質、IoTとビッグデータ分析技術を活用した「自治体向け災害対策情報提供システム」を提供開始

応用地質株式会社は、IoTおよびビッグデータ分析の最新技術を活用したサービス「自治体向け災害対策情報提供システム」を提供開始した。 同システムは、同社が提供する各種防災モニタリング情報に加えて、KDDIの人口動態データやトヨタ自動車のコネクティッドカーから得られるプローブデータ、気象庁などが提供する気象情報などを地図上に統合して、自治体が災害時に必要とする地域の情報を提供するシステム。 水路やため […]