自動車

「NAVITIMEドライブサポーター」がApple CarPlayに対応、車速情報も利用可能に

同アプリがApple CarPlayに対応することにより、車載ディスプレイと連動して高い視認性・操作性で利用可能となり、車載ディスプレイに最適化されたUIでのルートの表示および案内も可能となる。また、車載ディスプレイから取得される車速などの情報が利用可能となり、トンネル内などGPSを取得できない場所でも正確なナビゲーションが可能となる(一部機種は非対応)。 同社は今後、経由地設定数や車種登録数の増 […]

ナビタイム、AIとARを搭載したドライブレコーダーアプリ「AiRCAM」を提供開始

株式会社ナビタイムジャパンは、Android向けドライブレコーダーアプリ「AiRCAM(エアカム)」を提供開始した。Google Playから無料でダウンロードできる。 同アプリは、交通事故や交通違反の削減を目的として開発したドライブレコーダーアプリ。走行中は、映像や走行データを記録するとともに、AIによるリアルタイムの画像解析で、あおり運転や通行帯違反など危険や交通違反につながる運転に対して走行 […]

ゼンリン、横浜ゴム、アルプスアルパインの3社が共同でタイヤ・路面検知システムの実証実験を開始

株式会社ゼンリンは、横浜ゴム株式会社、アルプスアルパイン株式会社と共同で、路面検知システムを搭載した「IoT タイヤ」で得たデータを地図情報と紐づける実証実験を行った。 同実証実験では、横浜ゴムとアルプスアルパインが共同開発するタイヤセンサーを実験用車両に装着して路面検知を行い、タイヤセンサーの路面検知情報とゼンリンが保有する高精度地図情報や道路規制情報との紐付けを行うことにより、さまざまな路面の […]

ナビタイムの「トラックカーナビ」、大型車の旋回実績を考慮したルート検索に対応

株式会社ナビタイムジャパンは、トラックドライバー専用ナビアプリ「トラックカーナビ」にて、大型車の旋回実績を考慮したルート検索に対応したと発表した。 旋回実績は、「トラックカーナビ」アプリのユーザーから取得された過去6ヵ月分の走行実績を活用し、トラックが旋回可能な曲がり角のデータを抽出して作成している。車両の大きさ(車長・車幅)や通過ユニークユーザー数などをもとに内輪差、外輪差まで計算して導き出し、 […]

位置情報をもとにハイウェイラジオの交通情報を入手できるスマホアプリ「みちラジ」がリリース

中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)は、ハイウェイラジオで提供している交通情報をスマートフォンから入手できるiOS/Androidアプリ「みちラジ」を2月1日に提供開始する。価格は無料。 同アプリは、高速道路を走行中のドライバーの位置情報をもとに交通情報を知らせるアプリで、あらかじめ設定した個人のスマートフォンに、渋滞や事故、通行止めの情報や所要時間情報などを音声でプッシュ通知する。 ハイウ […]

パイオニア、市販ドライブレコーダーで初となる緊急通報機能付き製品を発売

パイオニア株式会社は、市販ドライブレコーダーとしては業界初となる緊急通報機能付き通信ドライブレコーダー「ドライブレコーダー+」を11月中旬に直販サイトにて発売すると発表した。発売に先駆けて、クラウドファンディングサービス「Makuake」にて先行販売を開始する。 同製品は、株式会社日本緊急通報サービスの「HELPNET」サービスを利用した警察・消防への通報と、一般社団法人 日本自動車連盟のロードサ […]