不動産

1/2ページ

イタンジ、リアルタイム不動産業者間サイト「ITANDI BB」に地図検索機能を追加

イタンジ株式会社は9月1日、リアルタイム不動産業者間サイト「ITANDI BB(イタンジ ビービー)」にて、「地図検索機能」を提供開始した。 同機能は、不動産賃貸仲介会社が地図上で物件を検索できる機能。 これまでは「建物ごと」と「部屋ごと」の検索が可能だったが、地図検索機能を追加したことで、仲介会社は入居希望者の見学希望物件を地図上で簡単に検索可能になり、対象エリア物件の空室数や内見の可否も確認で […]

ネット不動産賃貸サービス「OHEYAGO」、ハザードマップ表示機能を追加

イタンジ株式会社は、ネット不動産賃貸サービス「OHEYAGO(オヘヤゴー)」において、ハザードマップ表示機能を提供開始した。 OHEYAGOは、物件探しから入居申し込み、契約までの一連の手続きがスマートフォン1つで可能な、ネット不動産賃貸サービス。このたび同サービスの物件詳細ページから、物件所在エリアをわかりやすくマーキングしたハザードマップを閲覧し、部屋探しの参考にできるようにした。 国土交通省 […]

デジタルツインで住まいを探せるアプリ「空飛ぶホームズくんBETA」が提供開始

株式会社LIFULL(ライフル)は7月20日、3Dの街を飛び回りながら住まいのバーチャル内見を行えるAndroidアプリ「空飛ぶホームズくんBETA」を提供開始した。 同アプリは、デジタルツインのデータを活用した3Dの街並みを飛び回りながら、バーチャル内見を行えるVRサービス。開発は株式会社ホロラボと株式会社デザイニウムによるもので、2022年秋に発表したプロトタイプ版から進化し、3Dマップの表示 […]

ジオロニア、日本の住所に関するデジタル化の課題をまとめた白書を無料で提供開始

株式会社Geolonia(ジオロニア)は、同社が保有する位置情報や住所に関するノウハウや住所のデジタル化に関する課題をまとめたホワイトペーパー(白書)「日本の住所におけるデジタル化の課題」を無料で公開した。専用ページから申し込むことでダウンロード可能となる。 同資料では、日本の住所の成り立ちや、デジタル化を阻んでいる課題、既存の解決策、政府の取り組み、Geoloniaの取り組みについてまとめている […]

パスコ、地図を活用した不動産管理ソリューションの新サービスを提供開始

株式会社パスコは、地図情報を活用した不動産管理ソリューション「LandManager Realestate(LMR)売買版」のサービスを11月1日に提供開始した。 同サービスは、不動産仲介業務に必要な機能と各種データを搭載し、不動産仲介の売買ニーズ収集から成約までをトータルにサポートできるソリューション。膨大な売物件・買ニーズ情報を、地図情報を活用することで管理し、それに紐づく詳細情報も可視化でき […]

不動産プラットフォームのViila、全国の地価データがわかるマップを公開

株式会社Oltoは、不動産プラットフォーム「Viila」において、全国の地価を地図上で確認できるマップを公開した。 同マップは、各都道府県が9月に発表した2021年度地価調査結果のデータを使ったもので、地図上で全国の地価データをひと目で確認できる。 マップ上では、各エリアの最新土地価格(参考値)や、最新の地価調査に基づく地価上昇率・下落率を確認できる。地図上の青丸をクリックすると、より詳細な地価情 […]

パオ・アット・オフィス、撮影方向を地図上に矢印でプロットする「pic2map ver 1.0」を提供開始

有限会社パオ・アット・オフィスは、写真画像を読み込み、写真を撮った位置を地図上にプロットするWindows用アプリケーション「pic2map ver 1.0」を提供開始した。価格は5,500円(税込)。 同アプリケーションは、位置情報が付いたJPEG画像の位置を地図上に登録することが可能で、撮影方向が写真画像に埋め込まれている場合は、どの方向から撮影したのかを矢印で確認することもできる。 写真を登 […]

DATAFLUCT、不動産ビッグデータ分析による用地取得支援サービスを提供開始

株式会社DATAFLUCTは、不動産ビッグデータを分析して用地取得を支援するサービス「DATAFLUCT real-estate.」を3日に提供開始した。 同サービスは、地価や環境などの基本情報からエリア内の将来の世帯年収などの未来予測などを行い、直感的な操作でレポート化できる用地取得支援サービス。過去の土地成約情報や土地開発情報、学校区、属性別人口数などを一括検索して表示可能で、テキストやグラフ […]

Geoloniaと不動産テック協会、「不動産共通ID」ベータ版を提供開始

株式会社Geoloniaと一般社団法人不動産テック協会は15日、「不動産共通ID」ベータ版を提供開始した。 不動産共通IDは、不動産取引における企業間での情報連携やデータ連携などの実現を目的として提供するID。同一の物件を示す住所や物件名などの情報に共通のIDを付与することで、表記揺れに影響されることなく物件を特定可能となる。これにより、不動産情報のデータ連携にかかるコストの大幅削減を図る。 Ge […]

Geoloniaと不動産テック協会、不動産情報に付与する共通IDのベータ版を4月に提供開始

株式会社Geoloniaと一般社団法人不動産テック協会は、国内の土地や建物などの不動産情報に対して付与する共通ID(不動産共通ID)のベータ版を4月15日に提供開始すると発表し、事前利用登録の受付を開始した。 不動産共通IDは、Geoloniaが2020年8月にオープンデータとして公開した日本全国の住所マスターデータをもとに、不動産取引における企業間での情報連携やデータ連携などの実現を目的として不 […]