中古不動産サイト「RENOSY」に洪水や液状化のリスクを可視化した災害リスクマップ機能が追加

株式会社GA technologiesは、中古不動産流通ポータルサイト「RENOSY」に、洪水や液状化のリスクを可視化した災害リスクマップ機能を追加した。 「RENOSY」は、中古マンション取引データから独自の規則性を学習したAIが算出した推定価格や、エリアごとの犯罪率や世帯属性の可視化、近隣の病院や学校などを地図上にマッピングした近隣マップなど、さまざまな情報を見られる中古不動産流通ポータルサイ […]

ソフトバンク、RTK測位により誤差数センチメートルで測位するサービスを11月に提供開始

 ソフトバンク株式会社は、RTK測位によって誤差数センチメートルで測位が可能なサービスを11月末に提供開始すると発表した。サービスの提供開始に先駆けて、ヤンマーアグリ株式会社、鹿島建設株式会社およびSBドライブ株式会社と連携して、実用化に向けた共同実証を7月から順次行う予定だ。  同サービスは、準天頂衛星「みちびき」などのGNSSから受信した信号を利用してRTK測位を行うことにより、誤差数センチメ […]

VISHのバスロケシステム「BUS CATCH」、野田市のコミュニティバス「まめバス」に採用

株式会社ヴァル研究所は、千葉県野田市が運営するコミュニティバス「まめバス」に、ヴァル研究所グループのVISH株式会社が提供するバスロケーションシステム「BUS CATCH」が採用されたと発表した。 BUS CATCHは、バスに設置したGPSを使用して、バスの位置情報をリアルタイムで提供するバスロケーションシステム。今回、野田市のコミュニティバスに採用されたことにより、利用者はバスの現在地や到着予想 […]

ドコモ、誤差数センチメートルの高精度で測位できる「GNSS位置補正情報配信基盤」を提供開始

株式会社NTTドコモは、衛星測位システム(GNSS)を活用することで誤差数センチメートルの高精度で測位できる「GNSS位置補正情報配信基盤」を10月1日に提供開始すると発表した。 同基盤は、国土地理院が設置した約1300局の電子基準点とドコモ独自固定局がGNSSから観測したデータを位置補正情報配信サーバーに集めて、位置補正情報を生成し、携帯電話ネットワークを通じて高精度位置情報を必要とする移動局に […]

VISHのバスロケシステム「BUS CATCH」、愛知県小牧市のコミュニティバスに採用

株式会社ヴァル研究所は、株式会社デンソーから委託を受けて、愛知県小牧市が運営するコミュニティバス「こまき巡回バス」に、ヴァル研究所グループのVISH株式会社が提供するバスロケーションシステム「BUS CATCH(バスキャッチ)」を連携し、5月1日より全路線に対応したと発表した。 「BUS CATCH」は、バスに設置したGPSトラッカーを使用して、バスの位置情報をリアルタイムで提供するバスロケーショ […]

NTTデータとRESTEC、日本全土をカバーする50cm解像度のデジタル3D地図を発売

株式会社NTTデータと一般財団法人リモート・センシング技術センター(RESTEC)は、日本全土をカバーするデジタル3D地図「AW3D 日本全国高精細3D地図」を発売した。 同サービスは、50cm解像度の三次元情報に基づき、地図縮尺1/2500相当の位置精度を持つ3D地図で、この精度の日本全土のデジタル3D地図整備は国内初だとしている。提供データは、50cm解像度の地形データ、30~40cm解像度の […]

ユーレイル公式アプリ「Rail Planner App」が刷新、1日ごとのルートを地図上に表示する機能などを追加

ユーレイル・グループは、ユーレイルパス旅行者向けの公式アプリ「Rail Planner App」をリニューアルした。 同アプリは、ユーレイルパスで利用できる鉄道ネットワークの時刻表検索を行えるアプリ。座席指定が必要な路線がすぐわかるように改善され、事前予約を容易に行えるようになった。時刻表はオフラインでも使用できる。 1日ごとのルートを地図上で表せる「My Trip」機能を新たに搭載した。同機能を […]

ガーミン、GPSランニングウォッチ「ForeAthlete」シリーズ3モデルを発売

ガーミンジャパン株式会社は、ランニングウォッチ「ForeAthlete」シリーズより、「ForeAthlete 245」と「ForeAthlete 245 Music」を5月16日に、「ForeAthlete 945」を6月上旬に発売すると発表sいた。 ForeAthlete 245はForeAthlete 235の後継機種で、VO2 max値や有酸素および無酸素トレーニングの効果、トレーニングの […]

海上保安庁、地図上に海洋情報を集約する海洋状況表示システム「海しる」を運用開始

海上保安庁は、さまざまな海洋情報を集約し、地図上に表示できる情報サービス「海洋状況表示システム(愛称:海しる)」の運用を開始した。 同システムは、海洋関係機関が収集・保有している情報を集約し、地図上で重ね合わせて表示できるようにした情報サービス。政府および政府関係機関が収集・提供している海洋情報を一元的に利用できる。日本の周辺海域だけでなく、衛星情報も含む広域の情報掲載可能で、気象・海象のようなリ […]

「公共交通オープンデータ最前線 in インターナショナルオープンデータデイ2019」講演レポート

オープンデータ関連のイベントが世界中の都市で同日開催された3月2日の「インターナショナルオープンデータデイ」に、公共交通オープンデータをテーマとしたイベント「公共交通オープンデータ最前線 in インターナショナルオープンデータデイ2019」が、東京・駒場の東京大学生産技術研究所コンベンションホールにて開催された。 このイベントは、東京大学の瀬崎研究室および「標準的なバス情報フォーマット広め隊」が主 […]

1 9 10